アンビエントライト及びルームランプ照明のアンバー色化

純正のアンビエントライトはホワイトで、スイッチ類と同じ色で光るので、夜間運転で若干目障りでした。またメローホワイト内装にホワイトのアンビエントライトが寒々しい色に感じ、個人的にあまり居心地の良い車内ではありませんでした。
そこで、気になる部分のアンビエントライトをアンバー系(暖色)に変更することにより、少しでも自分が心地よいと思う車内環境に変更しました。

▶︎後々のことを考慮して

クルマのLED照明の色味を変更する場合、LEDを打ち替えてするパターンが多いですが、多くあるLEDの打ち替えが大変なこと、また色味も完全に揃わないこと、素人ハンダ付けによる点灯不良、もし純正の状態に戻した時はほぼ不可能ことなど、リスクが大きいと感じたので、手元にあったアンバー系色温度変換フィルターを用いて、お手軽に照明の色を変更しました。これなら飽きた場合に剥がすだけなので簡単に純正の状態に戻せます。

▶︎変更箇所


ドアベゼル照明(フロント左右・リヤ左右に実施)


ドアベゼルの取り外し、オレンジ丸部分の裏面にオレンジフィルターを挿入。
※ドアトリムの取り外しが必要。


照明LEDユニットを取り外し、オレンジフィルターを入れてユニットの取り付け。


ドアトリムを外して、ベゼル照明とベゼルの隙間にフィルターを挿入。


足元照明(運転席/助手席/後席左右)


フロント左右はアンバーカバーを取り外しフィルター貼り付け
リヤの照明はフロント左右シートのバックボードLED照明にフィルター貼り付け



フィルターは照明の前に貼り付けだだけのお手軽チューニング
直接目に入らない部分なので、少々雑な作業でもOK♪


アンバーになり内装色とコーディネートが素敵♪


天井スイッチの2箇所の四角い照明


スイッチASSYを取り外して分解、ベゼル部分にフィルターを貼り付け。
ここまで分解するのが面倒(>_<)


小さなスポットライトですが、車内の雰囲気が微妙に温かみのあるものに変化♪

▶︎メインのアンビエントライト施工:助手席側


グローブボックス上部のウッドパネル下部に収納されているので、ウッドパネルの取り外し。
取り外しするのに、色々と周囲の部品を取り外したり、ずらしたりと結構大変。


ウッドパネルから更にアンビエントライト部分を取り外し。


アンビエントライトの分解。


レンズ部分の光が透過する部分のスリットにフィルターを貼り付け。
直接目に入らない部分なので、多少雑な作業をしてもOK!


蛍光灯で透かして雰囲気確認。


面積が大きいので、フィルターの貼り付けがちょっと面倒かも(>_<)


元に戻して車両に組み付ければ作業完了!

▶︎メインのアンビエントライト施工:運転席側


運転席から一番よく見える部分。


サイドカバーを外し、ウッド部分の取り外し。
クリップで止まっているだけなので、引っ張れば簡単に外れます。


裏面はこんな感じ。


助手席側同様に分解。


運転席側はきっちり仕上げたかったので、採寸してフィルターをカット♪


ジャストサイズに貼り付け完了!
あとは元通りに組み上げて、車両に戻して作業完了!

▶︎居心地の良い車内

アンバーになり、夜間の車内が温かみのある色味になり非常に居心地がよくなりました。
車内照明(ルームランプを除く)はアンバー、スイッチボタン(機能部分)は純正のホワイトと色に機能を持たせて車内の機能美も若干アップしたかなと思っています。

●作業時間:2時間位
●取付け難易度:★★☆☆☆ 
●満足度:★★★★★

内装部品トップに戻る