車種不明トヨタ純正レッドカーテシランプ加工取り付け

現行レクサスにオプション設定されているプロジェクションカーテーシイルミを装着してましたが、10系セルシオ/30系セルシオとレッドカーテーシランプ(EUR仕様)を装着していたので、LSもそのようにしたくてEUR仕様の品番をしたべたところ国内仕様と同じ、純正流用を考え大きさが同じ赤色カーテシランプを探していたら、インターネット上の情報で車種不明バルブ式の赤色カーテーシランプを発見!!、早速ネットショッピングで購入し加工装着しました。

▶︎純正レッドカーテシランプ


純正赤、いい色味♪


バルブ式なので奥行きが結構あります。
コネクターはLSと同じ規格。

赤色のカーテシランプを取り付けなら、このまま取り付ければ終わりですが、先にプロジェクションカーテシイルミを取り付けているので、2個イチ加工を施しオリジナルのレッドプロジェクションカーテシランプを作って行きます。

▶︎加工風景


プロジェクションイルミカーテシランプとレッドカーテシランプ、外観の規格は同じですが、
照明方法がLEDとバルブの違いがあり、ランプの奥行きが全然異なります。


レッドカーテシランプを分解、使うのはレンズ部分のみ。


先ずはレンズの加工から、プロジェクションカーテシランプのレンズの穴の型取り。


レッドカーテーシのレンズに型取りを貼り付け、ドリルで穴を開けます。
他の3個も同じ加工を施し、ドア4枚分完了!


いきなり組み上がっていますが、プロジェクションカーテシイルミの中身を
レンズ側、照明側、それぞれ加工を施し、無理矢理合体させています。


固定は手持ちの一番小さなインシュロックを用いています。
ピンバイスで穴を開けて、インシュロックを通すのに難儀しました。


次に、奥行きを少しでも減らしてLSのドアトリムの取り付けスペースに合わせます。


フロントドアはほぼこれで完成ですが、リヤドアはLEXUSロゴを地面に綺麗に
照射出来るように、左右別々の角度調整を施しています。
画像がありませんが、基盤の削っても大丈夫な部分も削っています。

※光が隙間から漏れるのを嫌ってエプトシーラー(黒スポンジ)を貼り付けていますが、
裏面の削りこみ作業をし、ジャストフィットするようにしたら不要になり、最終的に
エプトシーラーは無しの状態にしてドアトリムに取り付けています。

▶︎さり気なく唯一無二


難儀しながら無事完成したレッドカーテシランプ、純正X純正のコラボ。
見た目は苦労の跡が全くない、さり気なさがお気に入りです。

画像はリヤ用、なんとか調整してLEXUSロゴも自然な感じになっています。

●作業時間:1時間半位
●取付け難易度:★★★★★ 
●満足度:★★★★★

内装部品トップに戻る